青葉賞 2017

今年は抜けた印象の馬が不在の青葉賞
◎ベストアプローチ

オッズ的にはアドミラブルが断然人気ですが、これまでの対戦相手から考えても過剰人気だと思います。

◎は前回の記事でお伝えしたデータ該当馬のベストアプローチにしました。

相手馬も絞りきれないので単複で買います。

買い目
◎単複

青葉賞 2017 重要ローテ

青葉賞で重要なファクターといえばローテーションです。

過去15回において、

前走毎日杯か弥生賞からの臨戦馬

上記の成績は複勝率約50%となっています。

今年の該当馬は、

ベストアプローチ


の1頭のみです。

ここ何年間か機能していませんが注意は必要だと思います。

マイラーズC 2017 予想

◎ブラックスピネル

前回の記事で書いたデータの該当馬であるブラックスピネルに◎を打ちました。

コース適性、脚質の両方で該当しています。
直前の追い切りでもデムーロ騎手が騎乗しており勝負気配もうかがえます。

買い目
◎単複

マイラーズC 2017 重要な2つのファクター

マイラーズカップで重要なファクターはコース適性と脚質です。

まずコース適性についてですが、京都1600mは特徴的なコース形態をしており巧者がでてきやすいコースです。
マイルCSや京都金杯があり能力比較もしやすいです。
実際、マイラーズカップがこのコースで行われるようになってから、毎年該当馬が好走しています。

次に脚質ですが、先行した馬の好走率が高くなっています。
開幕週なので先行馬有利なのは当然かもしれません。

今年も上記に該当しそうな馬は要注意てす。

皐月賞 2017 予想

◎スワーヴリチャード
○カデナ

牝馬のファンディーナが出走し、しかも1番人気になりました。
そのファンディーナですが、一番人気に支持されるほど信頼できないというのが個人的な見解です。
これまでの着差だけ見ると圧巻ですが、時計とレースメンバーを考えると、あまり強調できるものはありません。

一方で他のメンバーにも抜けた評価の馬はいませんでした。
今年はどの馬にもチャンスはあると思います。

そんな中、重要視したデータが

前走弥生賞、スプリングS、若葉S、共同通信杯出走馬

です。

昨年も書きましたが、このレースは上記のレースからしかほとんど好走馬が出ていません。

そこで◎にしたのがスワーヴリチャードです。
過去20回における前走共同通信杯連対馬の成績は複勝率約50%となっています。

2回に1回好走するデータの該当馬が現在複勝2倍を超えています。

○カデナも同様に好走率のたかい弥生賞好走組です。

買い目
◎スワーヴリチャードの単複
馬連◎から広めに

ファンディーナは切ります。

桜花賞 2017

◎リスグラシュー
◯ソウルスターリング
▲アドマイヤミヤビ
△ミスパンテール
△レーヌミノル
△カラクレナイ
△ミスエルテ

前回お伝えしたローテーションの他に重要なファクターが生産者です。

ここでも社台グループが猛威を振るっています。
過去20回において社台FかノーザンF生産馬の成績は、

着別度数         勝率  連対率  複勝率
9- 10- 15- 71/105  8.6%   18.1%  32.4%

となっています。

且つ、過去20回で該当馬が好走しなかった年は2000年のみです。

今年は該当馬が過去最多の11頭もおり、馬券圏内独占もありえそうです。

そんな中◎を打ったのはリスグラシューです。

前走チューリップ賞、ノーザンF生産馬とどちらにも該当しています。
これまで堅実に走ってきており能力は証明済みです。
それでいて単勝10倍以上ついており最も妙味のある馬だと思います。

◯ソウルスターリングは重馬場と美浦調教馬の成績が悪いという不安材料から、この評価までです。

買い目
◎の単複
3連複◎→上記印流し

桜花賞 2017 ローテーション

このレースはローテーションが非常に重要なレースです。

その傾向はデータにもはっきりと出ています。

マイナスデータが

前走アネモネS

です。

過去10年間で見ても、23頭出走して3着に1頭だけです。

一方で前走チューリップ賞組は44頭出走して17頭が好走しています。

注目すべきなのが、チューリップ賞組は前走4着以下からの巻返しが度々起きているということです。

特にチューリップ賞以前にオープン以上で勝利して賞金が充分あった馬には注意です。

大阪杯 2017 予想

◎ステファノス
○サトノクラウン
▲キタサンブラック
△アンビシャス

前回の記事から◎はステファノスにしました。

買い目
◎の単複
馬連ボックス

大阪杯 2017 脚質

今年からG1に格上げ且つ金鯱賞が前哨戦になり、昨年までのデータをそのままは使えそうにありません。

しかし、コースの特徴から注目しておきたいファクターが脚質です。

このレースでは追込み馬の激走が目立ちます。

ということで注目しているのが、

アンビシャス
ステファノス

の2頭です。
プロフィール

TTT

Author:TTT
こんにちは
初心者でも競馬で勝つための方法を日々模索しています。

最新記事
人気ブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
642位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR