安田記念の超重要データ

安田記念には10年間続いているプラスデータが存在しています。

このデータは好走率が高いだけでなく、人気薄の馬も好走しています。

昨年はロゴタイプ、一昨年はクラレントが好走しています。

このデータの内容は秘密ですが今年の該当馬は、

イスラボニータ
レッドファルクス
ステファノス
ロゴタイプ


の4頭です。

今年もこの中から本命を選ぶことになりそうです。

ダービー 2017 予想

◎アルアイン
◯タンビュライト
△スワーヴリチャード
△サトノアーサー
△ペルシアンナイト
△レイディオロ
△カデナ
△ウインブライト
△アドミラブル

今年は大混戦のダービーで予想は非常に難解だと思います。

◎はアルアインにしました。
シンザン記念、毎日杯でも本命にした馬です。
皐月賞でも△にはしたものの、もっと重い印をつけるべきだったと反省しています。
シンザン記念の考察時にもお伝えしたように、2歳時のレース内容も評価できるものでした。
そのシンザン記念は最後の直線で大きな不利を受けた結果で度外視して大丈夫です。

◯タンビュライト
この馬も前走で印を回したうまです。
これまで好走はするものの勝ちきれない当馬ですが、内容は評価できるものでした。


買い目
◎単複
馬連◎→上記印流し
ワイド◎→◯

ダービー 2017 2つのマイナスデータ

前回はプラスデータをお伝えしましたが、今回はマイナスデータを2つを紹介します。

その2つとは、

①前走青葉賞で2着以下

②NHKマイルCで4着以下

です。

これだけで、今年は5頭該当しています。


そして、今年気になるのが重賞未勝利馬が6頭もいることです。
皐月賞組があまり信用されていないこととあわせて考えれると今年は大荒れの可能性もありそうです。

ダービー 2017 2つの重要データ

今年は混戦模様のダービーですが、考察は例年通りで大丈夫そうです。
1番人気が青葉賞1着のアドミラブルというのも珍しいですね。

そんなダービですが、重要なプラスデータが2つあります。
それは、

①前走皐月賞で4着以内

②前走上がり1位

です。

①は過去30回で複勝率が約40%もあります。さらに該当馬が4頭いた場合に、その該当馬全てが馬券圏外になったのは不良馬場でおこなわれ、ロジユニヴァースが勝った年のみです。

②こちらは複勝率約30%となっています。


オークス 2017

◎リスグラシュー
○レーヌミノル
▲ソウルスターリング
△ハローユニコーン
△アドマイヤミヤビ
△モズカッチャン
△フローレスマジック

これまでの記事でお伝えした内容から◎はリスグラシューにしました。
前回の桜花賞でも◎を打った馬で能力は証明済みです。
ただ、ひとつ気になるのが調教ですね。
これまでの最終追い切りを坂路からCWに変更しています。

○はレーヌミノル
桜花賞馬ながら人気はそれほど上がっていません。オッズ的にはかなり美味しい馬だと思います。


個人的に3歳重賞では距離適性や馬場適性でのマイナス評価はしません。理由は適性を見極めるのが難しいうえに過小評価されることが多いからです。


買い目
単勝◎○
馬連◎○→上記印流し

オークス 2017 重要ファクター

これまでマイナスデータを紹介してきましたが、今回はプラスデータを紹介していきます。

まずは、ノーザンF生産馬

社台グループの中でも特にノーザンF生産馬の好走が目立っています。

なんと12年連続で好走しており、複勝率は約40%もあります。

ちなみに昨年は8頭出しで上位独占でした。


次に前回も少しお伝えした桜花賞組

桜花賞で好走した馬の多くがオークスでもそのまま好走しています。

桜花賞で3着以内の馬は過去20回において複勝率約45%となっています。

昨年は桜花賞馬が不在でしたが2着のシンハライトがオークスで1着になっています。


オークス 2017 ローテーション

さて、今週も牝馬のG1オークスです。
このレースで重要なファクターがローテーションです。
桜花賞組が出走数も好走数も多く、この組は最重要視すべきでしょう。

一方で、過去20回において前走500万下組・未勝利組からの好走組はほとんどありません。

そして、前走OP組も忘れな草賞以外はほとんど好走していません。

さらにフローラS組も4着以下の好走率は低いです。
昨年は久々にビッシュが好走しましたがマイナスには変わりないでしょう。

ヴィクトリアマイル 2017 予想

◎ルージュバック
◯レッツゴードンキ
△クイーンズリング
△スマートレイヤー
△ミッキークイーン
△ソルグウェイヴ
△アットザシーサイド

重賞勝利実績のない馬が9頭もいる今年のヴィクトリアマイル
出走メンバー内でかなり能力に差があると思います。

そんな中◎にしたのがルージュバックです。
週中にお伝えした牡馬混合重賞実績馬です。
昨年はJC、天皇賞秋とメンバーレベルの高いレースに出走してきました。

さらに前走は先行策をとっており、ここに繋がるレースをしています。


◯は昨年本命のレッツゴードンキにしました。
この馬も牡馬混合重賞実績馬です。
近走も好走を続けており、ここでも期待したい1頭です。
ただ、この馬の不安な点は近走の脚質ですね。ここ何走かは追い込みの競馬をしており、その点で◯までとしました。

買い目
◎単複
馬連◎◯→上記印流し

京王杯 スプリングカップ 2017

◎サトノアラジン
○グランシルク
▲キャンベルジュニア
▲レッドファルクス
△ブラヴィッシモ
△トーキングドラム
△ダッシングブレイズ

頭一つ抜けていると思うのが◎サトノアラジンです。

香港はスプリントからマイルのレベルが高く前走の結果は度外視して大丈夫です。
2走前は直線で不利を受けたものの1着と0.3差の5着でした。

また休み明けも苦にしないタイプです。
これまでG1でも見せ場を作ってきており今回は落とせない所でしょう。

買い目
単勝◎
3連複◎→上記印流し

ヴィクトリアマイル 2017 脚質

前回はヴィクトリアマイルの重要ファクターについてお伝えしましたが、今回は脚質についてお伝えしようと思います。

過去11回において、

前走で逃げた馬の成績は複勝率約40%となっています。

また、今回逃げた馬の成績も複勝率約40%
先行した馬の成績は複勝率約30%

となっています。

つまり、今回先行できる馬を見つけることがこのレースを的中する鍵になります。
プロフィール

TTT

Author:TTT
こんにちは
初心者でも競馬で勝つための方法を日々模索しています。

最新記事
人気ブログ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1477位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
642位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR