FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の結果とスプリンターズSのヒント

先週は神戸新聞杯の予想でしたが結果は複勝的中でした。

◎サトノアーサーの単複の予想でしたが、やはり上位人気馬が強かったですね。

そして、オールカマーは馬連&3連複のW的中でした。

今年も好走データが機能してくれたおかげで的中することができました。


さて、今週はシリウスSとスプリンターズS、そして凱旋門賞が行われますね。

有料予想はスプリンターズSですので、ブログではシリウスSの予想を公開します。

最後にスプリンターズSの予想のヒントをお伝えします。

このレースはローテーションが非常に重要なレースなっています。多くは書けませんが、ここまで順調に来ている馬には要注目です。
スポンサーサイト

オールカマー 2017

◎ステファノス
○タンタアレグリア
▲アルバート
△ルージュバック
△ツクバアズマオー

前回の記事でお伝えした通り、格とローテーションが重要なレースであり◎はステファノスにしました。
他も人気馬が高評価になる結果でした。
ツクバアズマオーはコース適性の高さから△をうちました。
トリッキーなコースであり適性の高い馬が好走しやすいです。

買い目
馬連◎→上記印流し
3連複◎→上記印流し

先週の結果とオールカマー 2017 

先週はセントライト記念の予想でしたが、結果は馬連的中でした。
1人気のアルアインが◎でしたが、的中できてよかったです。

ローズSは2年連続で逃げた馬にやられた結果となりました。ただ、今年はある程度どの馬が逃げるか予想できるレースでしたので、そこは反省点ですね。

来週は神戸新聞杯とオールカマーがあります。有料予想は神戸新聞杯ですのでブログではオールカマーについて考察していきます。
オールカマーは前走G1~条件戦まで様々なクラスから出走馬が集まるレースです。
ゆえに、ローテーションの考察が重要になります。

その中で、やはりG1からの臨戦馬の好走率は高くなっています。

中山競馬場で行われた過去20回において、前走G1からの臨戦馬は複勝率が約50%になっています。
特に近年はその傾向が強まっています。
昨年もサトノノブレスとゴールドアクターが好走しています。

今年は、
ステファノス
ルージュバック
アルバート

の3頭が該当しています。

ローズS 2017 予想

◎リスグラシュー
○ミリッサ

前回の記事でお伝えした通り、ローズSは上がりの脚が重要になってくるレース

そして、もうひとつ重要なデータが社台グループ生産馬の好走率が高いということです。
特にノーザンF生産馬の好走率が高いです。

◎リスグラシューはどちらも該当している馬です。オークスでも◎にして外してしまいましたが、距離は今回のほうがいいでしょう。


買い目
枠連3→1.3.5.6.7.8

先週の結果とローズS 2017 上りの脚

先週は京成杯AHの予想でしたが結果ははずれでした。

そして、セントウルSもはずれでした。
前走アイビスSDからの臨戦馬はプラスというところまではよかったですが、ラインスピリットに本命を打てませんでした。

さて、今週は3日間開催で、ローズSとセントライト記念がおこなわれます。
有料予想はセントライト記念なので、ブログではローズSについてお伝えします。


ローズSで重要なファクターの一つが上がりの脚です。

馬場改修後の過去10回でみてみると、上がり2位以内の馬の成績は、

-------------------------------------
着別度数
-------------------------------------
7- 8- 12- 5/22
-------------------------------------

ちなみに上がり6位以下の成績は、
---------------------------------------------------
着別度数
---------------------------------------------------
0- 0- 2-97/99
---------------------------------------------------

つまり、ローズSは上がり6位以下の馬を買わなければ当たるレースです。

では、どうやって見つけ出すかですが、有効なデータが

前走で上がり6位以下

です。

なんと上記データの好走率は、

--------------------------------------------------------------
前走脚質 着別度数
--------------------------------------------------------------
3F 6位~ 0- 1- 1-52/54
--------------------------------------------------------------


10年間で該当馬54頭いて、好走したのは僅かに2頭です。

さすがに、前走がオークスや桜花賞などだった場合は例外も考えられますが、どちらにしても割引は必要のようです。

セントウルS 2017 予想

◎フィドゥーシア
○アルティマブラッド
▲ファインニードル
△アドマイヤゴッド
△メラグラーナ

これまでの考察ではマイナスデータをお伝えしました。
プラスデータになるのが前走アイビスSDからの臨戦馬です。

特にアイビスSDで先行した馬の好走率は高いです。

以上から、◎はフィドゥーシアにしました。


買い目
馬連◎○→上記印流し
3連複◎○→上記印流し

セントウルS 2017 馬体重

前回は年齢について考察しましたが、今回はもうひとつの重要ファクターである馬体重について考察していきます。

競馬において馬体重は重要なファクターであり、このレースでも非常に重要なファクターになっています。

基本的に馬体重が重いほど好走率が高くなっています。

特に459キロ以下の好走率が低く、500キロ以上の好走率は高くなっています。

先週の結果とセントウルS

先週は新潟記念でしたが、結果は単勝と馬連のW的中でした。

小倉2歳Sは◎のバーニングペスカの複勝が的中でした。

そして、なんといってもすずらん賞の◎リュウノユキナの1着は大きかったですね。


さて、今週はセントウルSと京成杯AHですが、有料予想は京成杯AHなのでブログではセントウルSについてお伝えします。

セントウルSでの重要なファクターが年齢です。

過去10年間で6歳以上の馬の好走率が低いです。

6歳以上の馬は勝っておらず、特に7歳以上は22頭走って2着が1回のみです。

小倉2歳S

◎バーニングペスカ
○ヴァイザー
▲シトリカ

前回の記事でローテーションについてお伝えしましたが、それ以外のマイナスデータは、

前走4着以下

前走5人気以下

前走4角5番手以下


前走上がり6位以下

以上のデータに1つも該当していない馬のうち、◎をバーニングペスカにしました。

前走のスタートの反応もよく最後もよく粘っていました。
今回は7番人気とオッズ的にも美味しい存在です。

買い目
◎単複
上記印ワイドBOX

先週の結果と小倉2歳S 2017

先週は新潟2歳Sの予想でしたが、結果は外れでした。
◎テンクウまでは良かったのですが、コーディエンライトを買えませんでした。

さて、今週は新潟記念を有料予想にしてますのではブログでは小倉2歳Sについて考察していきます。
小倉2歳Sは混戦模様ですが、その中で重要なファクターがローテーションです。
間隔を詰めて出走してくる馬が多いですが、やはり有利なのはある程度間隔を開けてきた馬です。
特に中1週以内で出走してきた馬は凡走目立っています。

今年もこのデータに該当している馬は割り引きが必要でしょう。
リンク
人気ブログ
https://jisedai.me/alpcr/?a10=cBdAJ https://thecryptocurrencyseminar.com/?a10=cBdAJ
プロフィール

TTT

Author:TTT
こんにちは
初心者でも競馬で勝つための方法を日々模索しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
3111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1314位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。